×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円満退社が転職の大前提です。

img8831.jpg

転職活動をはじめるに当たって、まず第一にしなければならない事は、現在の会社を円満に退職することです。会社在籍期間が長くても短くても辞める際には、会社や他の社員の方に迷惑がかからないような退職が肝心です。

退職する決意が決まったのなら、上司に話す前に同僚に話すのはよくありません。トラブルになる可能性があるからです。まず直属の上司に退職の2ヶ月前にはその意思を伝えのがいいです。

そして1ヵ月半前には退職日の相談をしましょう。
退職が決定すれば、少なくとも30日前には退職願を提出すべきです。そして10日前にはすべての取引先への挨拶を終え、すべての引継ぎが完了するようにスケジュールを組みます。

会社から貸与されているすべての物品を返却するのは退職日当日です。
その日までには、自分の机、ロッカー、下駄箱や社用車などがきちんと清掃されて片付いているかどうか、忘れ物がないかを確認します。

これら引継ぎ作業の日程をしっかり組んで漏れの無いするのが円満退社の条件です。

スポンサードリンク

退職の意志表示は、いつがいい?

img1831.jpg

退職の意思を伝える時に大切なのは自分の意思がしっかりと固まっていること。
その意志を十分確認した上で「相談があるのですが・・・」とあくまで相談の形で、上司に話を切り出すのです。

直属の上司に退職の意思を伝えたからといって、すぐに同僚や部下に退職の話をするのは避けた方が無難です。退職の報告を受けた上司は、退職後の業務を滞りなく進めるにはどうしたら良いか、後任はどうするか、などを考える必要があるからです。

円満退社のポイントのひとつに、退職理由を個人的なものとすることが挙げられます。
会社に対する不満を退職理由にしてしまうと、その改善をひきかえに退職を引き止められることがあります。

また残る側にとっても、あれこれ不満を言われたまま退社されるのはあまり良い気がしないものです。予想外に強く引きとめられた場合には、これまで会社で教育を受けたことを感謝しながらも、退職したいという固い意思を伝えるのがいいでしょう。可能なら、会社の繁忙期を避けて、十分な引継ぎ期間が取れるようなタイミングに退職の意思表示をするのが理想です。

気持ちが揺らぐのはお互い不幸

img75171.jpg

円満退社のために重要なのが、否定的な退職理由ではなく「キャリアアップしたい」などの自分にとって前向きな理由を話すことです。
退職の意思を伝えてもなかなか許可が下りなくて、時間がどんどん経過していつまでも平行線のままという例も聞きます。

実は、退職することは法律で認められた労働者の権利なので、会社は強制的に労働者を雇い続けることは出来ません。
もしもなかなか退職させてもらえないのであれば、労働基準監督署に出向き相談することもひとつの方法です。

条件や待遇の改善によって引き留められた場合でも、本当に上司が自分の将来を考えてくれているのか見極めることが大事です。
転職後に後悔することの無いように、しっかりと退職理由を確認して自分の意志を固めることが大切です。

会社や上司の引き留めに対して、退社の気持ちが揺らぐようでは、決して転職は成功しないでしょうし、お互い不幸です。






Copyright © 2008 円満退社を気持ちよくする方法